さくらこマンション

3LDKで4人家族の自宅マンションの全面リフォーム体験談です。

狭い洗面所にも収納を確保!~洗面所のリフォーム事例~

こんにちは、さくらこです。

今日は、我が家の洗面所のリフォームについてご説明します。

コチラがリフォーム前の洗面所です。

リフォーム前の洗面所

  

こちらがリフォーム後の洗面所です。↓

f:id:sakurakoman:20170929141402j:plain

それでは、どこを工夫したか詳しく説明していきたいと思います。

洗面台 とトールキャビネット

洗面台はTOTOのサクアで幅75cmの洗面台に幅30cmのトールキャビネットをつけました。

リフォーム以前は90センチの洗面台だけで、キャビネットはありませんでした。

洗面台は90cmから75cmと狭くなりましたが、新しくトールキャビネットを設置したことにより収納は大幅にアップしました。

リフォーム以前は鏡上部にも収納はありませんでしたが、洗面台の鏡の上部とキャビネット上部にもウォールキャビネットという収納をつけました。

はじめはリクシルの洗面台で見積もりをしてもらったのですが、リクシルには上部のキャビネットが高さ40センチものしかありませんでした。

うちのマンションの天井までの高さでは収まらなかったので高さが30センチの上部収納があるTOTOのサクアに変更しました。

さトールキャビネットの上部用には高さ40センチのものしかなかったので、リモデル用ウォールキャビネットを手前に出して設置してもらいました。

新築とは違い、リフォームの場合は高さや幅に制限があるので、気に入ったメーカーのものが設置できない場合もあります。

よくリフォーム会社の人と相談して決めると良いです。

今まで90センチの洗面台でしたが、リフォーム後は75センチの洗面台と30センチのキャビネットで合計横幅が105センチになり、15cmほど横幅が増えました。

その15cm分は洗濯機パンを従来の74センチのものから、64センチのものに変更したのと、横壁にあった洗面台の収納10センチをとり壊したことで確保できました。

洗濯機パンは一昔前よりもコンパクトになっているので、その分洗面スペースを広くとることができます。

サクア | 洗面所 | 商品情報 | TOTO

 

可動棚(三段)を造作

洗濯機の上に三段の可動棚を造作してもらいました↓↓

洗濯機上部に可動棚3段造作

洗濯機の上に3段可動棚

横幅70cm、奥行45cmで白の棚で3段お願いしました。

好きな高さにできる可動棚です。

洗剤やタオルなど必要なものを洗濯機の上にすっきりきれいに収納にできるのでとても便利です。

ランドリーバスケット

洗濯カゴと足ふきマット

2段のものから3段のものにかえて、収納力をアップしました。

洗濯カゴの下には体重計をおいています。

 

 

さいごに

収納が増えたので洗面台の上に出しっぱなしになっていた物が片付いてスッキリしました。

今は、洗濯機パンも昔に比べてスリムになっているので、洗濯機パンをとりかえると今までより洗面台の幅をとることができます。

新しくキャビネットをつけることによって収納力が格段にアップしました。

決して広いとはいえない我が家の洗面所ですが、収納が増えてスッキリしました。