さくらこマンション

3LDKで4人家族の自宅マンションの全面リフォーム・リノベーション体験談です。

【リフォーム】3LDKマンション4人家族で子供部屋を2人分確保できるように間取り変更

f:id:sakurakoman:20220118173306p:plain

3LDKの狭いマンションスペースで子供部屋を子供2人分確保するのに頭を悩ませている方も多いと思います。

私の住んでいるマンションも狭いので子供部屋を二部屋確保するのは現状のままではかなり難しかったです。

そこで、マンションの全面リフォームをして子供2人の部屋を確保できるように間取りを変更しました。

リフォームで行った子供部屋確保のたまの間取り変更と子供部屋のレイアウト、子供部屋を二部屋確保するために他に間取りを変更した点について紹介したいと思います。

 

f:id:sakurakoman:20180125141511g:plain

私の家族構成は私と夫、息子二人(リフォーム当時12歳、6歳)の4人家族です。

リフォーム前の間取り

マンションは3LDKで専有面積は約74㎡です。

以前の間取りはこちらです。↓

f:id:sakurakoman:20180124101518j:plain

改善したい点

  • 【洋室2】を子供部屋にしたいが、今は納戸のように使用していてモノがあふれているので、モノを収納できる場所が欲しい。
  • 【和室】はリビングの続き間として使用しているが、そこにもモノがあふれている。
  • 【和室】をそのまま子供部屋にするとリビングが狭くなってしまう。
  • 【洋室2】と【和室】を合わせて子供部屋の2部屋確保と収納スペースを確保したい。
  • リビング学習を今は長男だけしているが、二男がリビング学習するスペースも欲しい。
  • キッチンの横に壁があるため、リビング全体を見渡すことができない。壁をなくして、リビング全体を見渡したい。

 

リフォーム後の間取り

リフォーム(リノベーション)をして新しい間取りはこうなりました。↓

f:id:sakurakoman:20180123143101j:plain

主に和室と洋室2をつぶして、子供部屋を二部屋とファミリークローゼットの増設をしました。

改善した点をひとつひとつ詳しく紹介していきます。

 

【1】子供部屋を2部屋確保

f:id:sakurakoman:20220119115152p:plain

洋室2とクローゼットと和室の1部をつぶして、そのスペースで子供部屋を2部屋確保しました。

一部屋あたり3畳ほどの小さな部屋です。

f:id:sakurakoman:20220119120210p:plain

部屋は完全に二部屋ではなく、間仕切りドアで二部屋に分けれるようにしました。

間仕切りドアを開けておけば、7畳程度の部屋になります。

一部屋は窓がない部屋になってしまうため、エアコンが取り付けられません。

壁で部屋を区切ってしまうとエアコンをきかせることができないという理由もあり、間仕切りドアにしています。

間仕切りドアについてはこちらの記事で詳しく紹介しています↓

子供部屋のレイアウト

f:id:sakurakoman:20171120144021p:plain

一部屋あたり3畳程度のスペースなため、ベッドと机をおくスペースはぎりぎりありますが、収納は確保できませんでした。

ロフトベッドを置くことで、ロフトベッドの下に収納を確保しています。

f:id:sakurakoman:20171207114330j:plain

狭いですが子供たちは自分たちの部屋ができたことをとても喜んでいます。

子供部屋についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。↓

【2】ファミリークローゼットを新設

f:id:sakurakoman:20220119121250p:plain

子供2人分の部屋を確保したことにより、収納がなくなってしまいました。

以前の間取りの洋室2や和室にあふれていたモノや洋室2のクローゼットや和室の押し入れにあったモノを収納する場所を確保しなくてはなりません。

そこで和室の一部をファミリークローゼットにしました。

リビング側と子供部屋側に扉があるウォークスルークローゼットです。

子供部屋へ通り抜けができるので窓のない子供部屋への風通しが良くなりました。

3畳もない広さのクローゼットですが、リビング側からクローゼットとして使える部分もあるのでかなり大容量で今まであふれていた服やモノがスッキリと収まりました。

f:id:sakurakoman:20220119122450p:plain

クローゼットについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。↓

 

【3】リビングを広げて学習机2台置けるスペースを確保

f:id:sakurakoman:20220119123325p:plain

和室をなくしたのでリビング学習するための学習机が2台置けるスペースとテレビボードのスペースだけリビングを広くしました。

和室がなくなった分今までリビングとして利用していた広さは狭くなりましたが、壁面収納やファミリークローゼットのおかげで以前よりもかなりスッキリしました。

f:id:sakurakoman:20220119132240p:plain

テレビボードは造り付の造作家具、そして学習机の上の棚も造作家具です。

この造作家具のおかげでたっぷり収納ができます。

学習机は2台並べるとかなりのスペースが必要なので幅90cmのコンパクトな机にしています。

子供部屋は狭いですが、リビングに学習スペースと収納スペースがあるので子供たちはリビングで勉強しています。

リビングについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。↓

 

【4】キッチンの壁をなくしてリビングを見渡せるように

f:id:sakurakoman:20220119130726p:plain

キッチンの壁をなくしてリビング全体が見渡せるように変更しました。

古めのマンションによくありがちなのですが、以前の間取りだとせっかくカウンターキッチンなのにキッチンの横に壁があってリビングを見渡せないのです。

↓以前はキッチンの横の壁が邪魔をしてリビングを見渡すことができませんでした。↓

f:id:sakurakoman:20180124105539j:plain

リフォームで壁を取っ払ってリビング全体が見渡せるようになりました↓

f:id:sakurakoman:20171010010512j:plain

このキッチンの壁を壊すことは住み始めたころからずっとしたかったことです。

念願かなってリビングが見渡せるようになって嬉しいです。
これでキッチンに立っていても子供たちの様子やテレビが見れます。

キッチンの壁についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。↓


さいごに

リノベーションで自分たちのライフスタイルに合った間取りに変更することができました。

4人家族で3LDKの間取りは広いとは言えませんが、工夫次第で快適に過ごすことが可能です。

全体の広さは今までと変わらないのにリフォームすることによってモノであふれていた我が家がスッキリした家に生まれ変わりました。

狭いながらも子供部屋を二部屋確保することができ、大容量のクローゼットと壁面収納のおかげでリビングはスッキリとして、とても満足のできる間取り変更ができました。

 

リフォーム・リノベーションを検討し始めたらホームプロで比較

匿名&無料で相見積もりができる便利なリフォーム会社紹介サイトのホームプロに登録すると便利です。匿名なので、しつこく電話勧誘される心配なし!気軽に登録してみてください。私も登録しました!

ご登録はこちらの公式サイトから↓

 

f:id:sakurakoman:20220107143607p:plain