さくらこマンション

17年住んでいる3LDKの自宅マンションの全面リフォーム体験談です。4人家族にはちょっと狭いマンションでも収納を増やして快適に!ビフォアーアフターやリフォームの手順・体験・感想などを記録していきます。

【リフォーム】壁紙(サンゲツのクロス)を各部屋全て紹介します

こんにちは、さくらこです。

今日は我が家の壁紙(クロス)を紹介します。

クロスを選ぶのってすごく迷いました。もう、種類がたくさんありすぎて、なかなか選べないです。

クロスを上手に選ぶコツはプロが書いている他のサイトさんを参考にするといいと思います。(この辺りは丸投げですみません)

うちのクロスは全てサンゲツのものです。

まず、カタログを見てある程度絞ってからショールームに行くといいと思います。

ショールームも色々ありすぎて全ては見れません。

私の場合は、カタログを見ずにいきなりショールームに行ったので、ほんとに迷いました。カタログ見てなかったので、ショールームに行ったらおすすめを色々紹介してもらえるのかと思ったら、お好みで選んでくださいって感じで。

ちゃんと下調べすればよかった・・・。というか、リフォーム会社の担当営業さんがカタログとかくれなかったんですよ。小さなサンプルがついて分厚い見本帳です。

工事が始まってから決めていた壁紙が廃番になっていて、急いで選びなおさければいけない時にはすぐにカタログを貸してくれました。

最初から貸してくれればいいのに・・・。

ショールームに行く前にカタログが手元になかったら、担当営業さんに言ってぜひカタログをもらいましょう。または借りましょう。

一応、サンゲツのホームページでビジネスユーザーに登録すれば、個人でもサンプルやカタログの請求ができるみたいです。

私は、ビジネスユーザーってプロしかダメなのかと勘違いしていたのですが、個人でもOKです。

前置きが長くなりましたが、我が家の壁紙を紹介していきます。※品番は変わる場合があります。

メインの壁紙

壁紙はメインの壁紙を決めて、あとはアクセントクロスを部屋ごとにちりばめていくといいと思います。

<壁>

f:id:sakurakoman:20171031135418j:plain

サンゲツ RE2588 ↑

主にリビング・廊下・寝室・玄関に使用しています。

白で石目調の壁紙です。ホワイト系の壁紙はほんとに種類が多くて迷います。リフォームに適したもので、あまり石目が大胆でないものを選びました。

<天井>

f:id:sakurakoman:20171031140814j:plain

サンゲツ SP2143 ↑

メイン壁紙と全く同じ柄ですが、こちらは天井用の壁紙で少し安価です。

子供部屋以外の天井はこちらを使っています。

続いて部屋ごとに紹介していきます。

リビング・ダイニング・キッチン

メインの壁紙:サンゲツ RE2588 ↓

f:id:sakurakoman:20171031135418j:plain

アクセントクロス:サンゲツ RE2597 ↓

f:id:sakurakoman:20171031141749j:plain

アクセントクロスを レンガ調の白の壁紙にしました。

リビングのTVボードのある面とキッチンのカップボードの面をアクセントクロスにしました。レンガ調の壁紙は種類が豊富にあります。

もう少し遠目でもレンガ調であることがわかるようなはっきりとしたものでもよかったかなぁと思いますが、これはこれですっきりしていて満足です。

<リビングのアクセントクロス>(写真ではあまりわかりません)↓

f:id:sakurakoman:20171017155732j:plain

テレビの後ろ部分と学習机の上の部分に見えています。壁面収納でほとんどおおってしまっています。

<キッチンのアクセントクロス>↓

f:id:sakurakoman:20171101111150j:plain

オーブンレンジの後ろの部分と冷蔵庫の上の部分が少し見えます。

リビングとキッチンのアクセントクロスは目立たなかったです。見える部分が少ないので、もう少し冒険しても良かったかな。

子供部屋

メインの壁紙:サンゲツ RE2597 ↓ 

f:id:sakurakoman:20171031141749j:plain

 アクセントクロス:サンゲツ FE1648 ↓

f:id:sakurakoman:20171101112911j:plain

子供部屋の壁紙は子供たちに選ばせました。

アクセントクロスはブルー系かグリーン系がいいと言っていたので、ブルーとグリーンの壁紙のサンプルを片っ端から取り寄せて子供たちに選んでもらいました。

メインの壁紙はリビングに使用したアクセントクロスと同じレンガ調にしました。

うるさくないレンガ調なので、全体に貼ってもスッキリしました。

子供部屋はこんな感じです。↓

f:id:sakurakoman:20171101114420j:plain

北面の梁下をアクセントクロスでブルー系にして、それ以外の面はレンガ調のものです。

子供部屋の天井

子供部屋の天井だけ蓄光タイプの壁紙にしました。普段は普通の白い壁紙です。↓

f:id:sakurakoman:20171101114703j:plain

照明を消すと・・・↓

f:id:sakurakoman:20171101115014j:plain

サンゲツ RE2864

こんな感じで天井が星空のようになります。(写真はサンゲツのホームページからお借りしました。)プラネタリウムみたいでステキ。

子供部屋は遊び心があってもいいかなぁ~と思って、蓄光タイプを採用しました。

部屋が明るいときには、ほんとに普通の壁紙なので全然気になりません。蓄光も持続時間は20分程度なので夜気になって眠れないということはないと思います。

ウォークインクローゼット

子供部屋とリビングを通り抜けできるクローゼットは子供部屋のアクセントクロスと同じものを使用しました。

f:id:sakurakoman:20171101112911j:plain

サンゲツFE1648のクロスを全面に採用しました。

f:id:sakurakoman:20171101120145j:plain

棚が白いのでティファニールームみたいと言われました。

全然意識していませんでしたが、そういわれればティファニー色でした。

クローゼットの中は物をおいてしまうとあまり目立たないし、壁紙を冒険してもいいところだと思います。

 洗面所(脱衣所)

メインの壁紙:サンゲツ RE2872 ↓

f:id:sakurakoman:20171101121857j:plain

洗面所のメインの壁紙は何を選んでよいかわからず、リフォーム会社の営業さんのオススメをそのまま採用しました。

最近新築したうちの実家の洗面所の壁紙もたまたま同じサンゲツRE2872でした。

偶然見たサイトでもこちらの壁紙を洗面所に使っていました。

結構、洗面所の定番なのですかね。

アクセントクロス:サンゲツ RE2602 ↓

f:id:sakurakoman:20171101122111j:plain

アクセントクロスはタイルっぽくて色があるものがよくて、さわやかなブルーのタイル調のものを選びました。

床:サンゲツ HM1093 ↓

f:id:sakurakoman:20171101135154j:plain

床はサンゲツのクッションフロアから選びました。

洗面所はこんな感じになりました。(またまた写真ではメインの壁紙の感じがあまりわかりません)↓

f:id:sakurakoman:20171101140158j:plain

トイレ

メインの壁紙:サンゲツ FE1601 ↓

f:id:sakurakoman:20171101140956j:plain

グレーの大柄の花柄です。うちの狭いトイレにはちょっと大柄かな?と思いましたが、全然大丈夫でした。ステキです。

アクセントクロス:サンゲツ TH8687 ↓

f:id:sakurakoman:20171101141129j:plain

グレーの花柄に合わせてトイレの背面だけグレーのアクセントクロスにしました。

ちょっと色が薄いかな~。でも、あまり濃いと狭いトイレがさらに狭く見えてしまうので、これぐらいが調度良いかも。

床:サンゲツ HM7008 ↓

f:id:sakurakoman:20171101141255j:plain

サンゲツのクッションフロアから床を選びました。

写真よりもベージュっぽいです。これは、ちょっと失敗。サンプルで確認したはずなんですけどね・・・。

もう少しグレーっぽい色の床にすればよかったです。張り替えたい・・・。

トイレはこうなりました↓

トイレ壁紙サンゲツFE1601

寝室

寝室は全くこだわってません。アクセントクロスもありません。最初のメインの壁紙です。サンゲツ RE2588 ↓

f:id:sakurakoman:20171031135418j:plain

寝室は寝るだけなので、今までとあまり雰囲気を変えたくなかったのであえてシンプルです。子供たちも今までと雰囲気が変わりすぎず、落ち着いて眠れます。

 

以上が我が家の壁紙です。壁紙は種類が豊富すぎるし、サンプルやカタログでは全体のイメージがつかみにくいのでホントに悩むところです。

いろんな事例を見て、実例を見て、すてきなモノがあったらそのまま採用してしまうのも手です。いっぱい悩んでステキなクロスを見つけて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。